パイプカット(男性避妊手術)

パイプカットについて

パイプカットとは男性が行う避妊手術です。効果が永続的で優れた避妊効果
がありますが、一度手術すると、一生子供が出来ない可能性があります。
パイプカットを希望される方は奥様の同意書が必ず必要です。
様式は問いません。同意が明記され、
同意された方の署名と捺印があれば結構です。

手術内容と料金

パイプカットは精巣で作られた精子を運ぶ精管を縛る手術ですが、縛るだけ
では再開通する危険があるため、精管一部を切除し両端を縛るのが普通です。
当院では精管を最低2cm以上切除した後両端を縛り、さらに折り曲げて二重に
縛っております。

手術は片方が15分から20分程度の簡単な手術ですので、手術の準備の時間を
入れても40分から50分程度の日帰り手術です。

手術料 70,000円
※術後に内服する抗生物質や鎮痛剤および、術後の精液検査も料金内に
含んでおります。


パイプカットした後の注意

パイプカットは陰のうの両側に小さな切開を入れてそこから精管の一部を
切除します。そのため精巣で新しく作られた精子は完全に通過できなくなり
ますが、手術した時にすでにそこを通って身体の中に入り、精嚢に貯められ
ている精子はまだ生きています。そのため術後最低2、3回は避妊の準備が
必要です。精嚢は精子を貯めるタンクのようなものですから、ここが空に
なれば完全に避妊できます。

当院では希望される方全員に無料で術後の精液検査を行なっており、
手術された全員に検査用の容器をお渡ししております。
検査の結果は持参されたその場で分かりますが、遠隔地の方には、
郵送での検査も可能です。

入浴は手術の翌日から可能です。縫合は吸収糸(溶ける糸)で行いますので、
原則として糸を抜く必要はありません。

戻る