プラセンタ注射

■プラセンタ注射とは?
妊娠中のお母さんが赤ちゃんに栄養を与えるための器官である
胎盤のことをプラセンタといいます。
このヒトのプラセンタの抽出液を精製したものがプラセンタ注射です。

■プラセンタ注射の効果は?
胎盤は、たった一つの受精卵を10ヶ月でひとりの赤ちゃんにまで育て
あげます。そのため、胎盤には胎児細胞が必要とする、様々な
細胞増殖因子やサイトカインが全種大量に含まれています。
胎盤の薬効については古くから注目されていますが、特にその、
細胞の活性化作用や新陳代謝、免疫力の向上などの作用により、
アンチエイジング(老化防止)や更年期障害、
皮膚や肝臓の治癒力の亢進などが報告されています。
プラセンタ注射はシミ、シワ、ニキビなど皮膚の老化に関係する皮膚疾患の
治療として人気が高まっているとともに、その新陳代謝の活性化作用による
肩こりや更年期障害などにも効果が期待されています。

■プラセンタ注射の料金と保険適用
残念ながら現在プラセンタ注射の保険適用は
①慢性肝炎 ②卵巣機能不全 ③更年期障害の3疾患だけです。
従って美容目的や疲労回復、肩こりなどの治療に対しては保険が通らず
自費診療となります。
費用については1500円から7000円までと施設によって
かなりの幅があります。
ちなみに当院では1本2000円で実施しております。
肌荒れやシミ、更年期障害などでお悩みの方はお気軽にご相談下さい。

■プラセンタの内服薬は?
薬品としてでは有りませんが、現在健康食品としてプラセンタの内服剤が
市販されていますが、注射薬ほどの効果は有りません。
その理由としては、胎盤の抽出液の成分はまだ充分に解明されていない
ものも多く、胃腸からの吸収が良くないものや、胃酸と反応して
活性が失われるものなど があるためと考えられます。

戻る